2019年1月6日日曜日

吉田晴弥展2019

吉田晴弥個展のご案内です。      
2019年1月14日(月)ー 1月19日(土)
11:00 - 19:00 ( last day 17:00 close.)
「飛び越えてきた景色が、その羽の上に焼き付けられた。」
104-0061 東京都中央区銀座6-13-4 銀座S2ビル1階
Galleria grafica bis 03-5550-1335 www.gg-bis.com

新しいこころみを続ける中で、表現の中に具象的な要素が多くなってきました。今までの抽象的な色彩構成を具象的な形態にReflect(反射)させているような感じです。

釉薬調合や焼成技法も以前より自由になれた気がします。

前回の個展より少しでも磨かれた世界を。

絶望や不安ではなく、生きる希望や恐れずに進む力を形にしたいです。

ご高覧いただければ幸いです。

皆様よろしくお願い申し上げます。

Haluya 2019



2018年6月25日月曜日

"Redeath" 死と再生の器

死んで、また死んで、何度でも前進してまた死ぬチカラ。
古い「死」のイメージを突き破ってズルっと新しい死へ生まれ出る、新しい意志のチカラ。



500mm x 290mm x 50mm / ceramics / 2018  吉田晴弥 Haluya Yoshida

2018年6月21日木曜日

"Hitodama composition" ヒトダマ コンポジション

 宇宙陶芸の講座を受け持っている江東区塩浜福祉園には素晴らしい働き手が沢山いらっしゃる。利用者の方々はもちろん各々天の才をフルに発揮していて最高に素晴らしいのだが、現場でその利用者さんたちを介助している福祉職員の仲間たちがみんな本当に魅力的だ。
 仕事の内容的にはきっと責任も大きく精神的肉体的にも大変な中、皆さん本当に明るい。利用者の歩行を促すために傍で歌ってあげている姿をよく見かけるが、いつの間にか園内で大勢、職員も利用者も大声でバラバラに楽しそうに歌っている声を聞くと、いつも胸の奥がジンと熱くなる。
 食事の介護中もまるでボクサーのスパーリングを務めるような動きと真剣さで臨んでいて、目が合うとやはりにっこりと微笑んでくれたりする。そして自分のご飯は最後の僅かな時間で急いで済ませている。
 帰りの送る時間には、しゃべれない利用者さんを代弁して大きな声で「さようなら〜!」と最後まで明るい雰囲気を保つことを忘れない。きっととても疲れているのだろうに。
 僕は福祉園の廊下で職員の皆さんと挨拶するとき、声を交わすとき、ひとりひとりが揺らめく「ヒトダマ」に見えるような気がする。他者の幸せを願い行動する人の魂。人間の奥深くに燃えている霊性。肉体を透過して宇宙に灯る、親愛なる仲間たちのヒカリがモチーフです。



1990mm x 480mm x 55mm  ceramics on wood panel.(個人蔵)
吉田晴弥
 

2018年6月20日水曜日

本を陶芸で焼く。

”銅の書”
"The book of copper" 
青の時代に区切りをつけ、表現をリセットしたのでしばらく手をつけていなかった立体作品を久しぶりに制作。
釉薬に意味の象徴やストーリーを暗示させるには古い本の形態はとても相応しい。目の前のページが瓦解崩壊して、流氷の下に海の真相である生々しい海水が生命を持って動き出すような。
固まってしまった知の真相を柔らかく感得したい。
350mm x 225mm x 55mm ceramics 2018

ガレリアグラフィカの小品展に参加しています。

galleria grafica Tokio "Small works 2018"
June 18th - 30th.



2018年6月18日月曜日

血と感情の躍動を陶芸で。

title "Dance!"
The body dances because your blood and the heart is dancing.
My blood and heart dance like this.
Emotional composition.




1300mm x 460mm x 50mm
ceramics on wood panel.2018

真っ赤な荒野の絵を陶芸で。

When starting new things, pure red wilderness spreading in front of you.
The hope of anxiety is dancing like a snowstorm.
I image the view of beginning like that.

新しいことを始める時には、いつも真っ赤な荒野が広がっている。
不安混じりの希望が吹雪のように舞っている。



title "the view of beginning"
1300mm x 460mm x 50mm
ceramics on wood panel.2018 

#現代工芸#現代陶芸