2019年5月12日日曜日

スターバックス表参道ヒルズ店のアートワークに陶の羽7点が設置されました。

表参道にオープンするスターバックス新店舗に羽作品を7点常設で壁面に設置して頂けました。とても嬉しいです!

店内には緑の植物が多く取り入れられていて、外の天候や光が感じられるように設計されており、とても心地よく過ごせるようにデザインされていて一眼でこの空間が好きになりました。
結婚した時に四月の早朝の明治神宮を訪れ、大らかに支え合う境内の夫婦楠の美しい立ち姿に一つの和合円満の理想像を感得した事があるだけに、この新店舗のデザインテーマが明治神宮の夫婦楠にあることを聞いた時、何か大きな流れの中にあるご縁にとても感動しました。

明治神宮の杜は人の手の入っていない自然林に見えますが、実際は約100年前に人の手によって植えられた人工林だという驚きから、自然の摂理に改めて学び、人の本来持っている創造力の豊かさを取り戻すために緑の植栽を空間に多く取り入れてリラックスしてもらう、というデザイナーさんのお話にも深く頷けました。

樹々の植生を広げるのは、まず雨や土、風や太陽、川の力。
そしてその種子を運んでくれる虫や動物たち、
中でも鳥は大空を渡り、さらに遠くへと種子を運ぶ樹々の大切なメッセンジャー。
鳥たちがとまる豊かに枝を広げた樹木はその一本ずつがすべて、実は地球という神社の自然な鳥居なのかも知れませんね。

現在賑やかに商業施設が立ち並ぶ表参道は、本来神宮への参拝の道であり、冬至の日の朝陽が登る東の方角からまっすぐに伸びる神聖な光の参道であるとのお話も設計部長から直々に教えていただき、とても興味深く自然や宇宙の摂理と繋がる人間の信仰を学びました。

表参道の風土や樹々や人間の文化と魅力を伝える、表参道のとても素敵なスターバックスです。散歩の際には是非立ち寄ってみてくださいね!

表参道HILLS西wing B1(建物の一番明治神宮寄りの位置にあります。)

入り口のサインボードは石灰岩を彫って落ち着いたグレーの色彩で作られており、starbucks を象徴するグリーンカラーは、植え込まれた植栽の緑がその役割を代わりに担っていて、参道にあって過度に目立たず最高に素敵なデザインになっています。

とにかく嬉しいです!!!

石灰岩を手で彫って作られた一点ものの看板。カンバンの範疇を超えた存在感で、トーンは控えめながらその上質さが逆に人眼を引きつけています。水盤から流れる水を受け止める玉石は濡れるとしっとりとグリーンに輝くというこだわりにびっくり、、、。
向こう側の扉は店舗オープンの際は隣のテナントとつながるようです。人が行き来するwalk galleryみたいになりそうで嬉しいなあ。

白い壁、たまに黒い壁のギャラリーはあっても、こういうシックなグレーの壁ってあまり無いのでとても新鮮で落ち着いた展示になりました。宇宙から地球を俯瞰するというテーマに陶芸作品の羽が即しているようです。


世界一美しいと言われるグァテマラに生息する幻の鳥ケツァール。明治神宮の杜に生息する都会の奇跡オオタカ。その二羽が手描きされ壁面の大空を舞っている。ケツァールの雄の尾羽は1メートルにも達し、世界で一番美しいとも言われる。ケツァールとはアステカの主要言語ナワトル語で「大きく輝いた尾羽」「美しい雨覆い羽」という意味。(!!)
語根のquetz は「立つ」と言う意味で、羽を立てた状態を意味する(!!)ですって。調べながらこれを書いていて、なんか鳥肌が立ってきた、、、←あ、また鳥だ、、、(!!)
お声がけくださった店舗開発部の高島部長とも記念撮影をさせて頂きました。スターバックス独自の、風土に根ざし地域文化を大切に考える素晴らしい店舗設計を日本各地で長年続けてこられたスターバックスジャパンの宝石のような存在です。高島部長の関わったプロジェクトはどの案件もしなやかで鋭い感受性があふれています。「商業の為の建築空間、サインシステム部門」でスターバックスジャパンにGood Design award 2018 受賞をもたらされており、店舗開発の思想に「Thinkglobal,Act local.」を強く感じます。各地に点在するリージョナルデザイン店舗を知るほどに大ファンになってしまいました。とても尊敬しております。




2019年1月6日日曜日

吉田晴弥展2019

吉田晴弥個展のご案内です。      
2019年1月14日(月)ー 1月19日(土)
11:00 - 19:00 ( last day 17:00 close.)
「飛び越えてきた景色が、その羽の上に焼き付けられた。」
104-0061 東京都中央区銀座6-13-4 銀座S2ビル1階
Galleria grafica bis 03-5550-1335 www.gg-bis.com

新しいこころみを続ける中で、表現の中に具象的な要素が多くなってきました。今までの抽象的な色彩構成を具象的な形態にReflect(反射)させているような感じです。

釉薬調合や焼成技法も以前より自由になれた気がします。

前回の個展より少しでも磨かれた世界を。

絶望や不安ではなく、生きる希望や恐れずに進む力を形にしたいです。

ご高覧いただければ幸いです。

皆様よろしくお願い申し上げます。

Haluya 2019



2018年6月25日月曜日

"Redeath" 死と再生の器

死んで、また死んで、何度でも前進してまた死ぬチカラ。
古い「死」のイメージを突き破ってズルっと新しい死へ生まれ出る、新しい意志のチカラ。



500mm x 290mm x 50mm / ceramics / 2018  吉田晴弥 Haluya Yoshida

2018年6月21日木曜日

"Hitodama composition" ヒトダマ コンポジション

 宇宙陶芸の講座を受け持っている江東区塩浜福祉園には素晴らしい働き手が沢山いらっしゃる。利用者の方々はもちろん各々天の才をフルに発揮していて最高に素晴らしいのだが、現場でその利用者さんたちを介助している福祉職員の仲間たちがみんな本当に魅力的だ。
 仕事の内容的にはきっと責任も大きく精神的肉体的にも大変な中、皆さん本当に明るい。利用者の歩行を促すために傍で歌ってあげている姿をよく見かけるが、いつの間にか園内で大勢、職員も利用者も大声でバラバラに楽しそうに歌っている声を聞くと、いつも胸の奥がジンと熱くなる。
 食事の介護中もまるでボクサーのスパーリングを務めるような動きと真剣さで臨んでいて、目が合うとやはりにっこりと微笑んでくれたりする。そして自分のご飯は最後の僅かな時間で急いで済ませている。
 帰りの送る時間には、しゃべれない利用者さんを代弁して大きな声で「さようなら〜!」と最後まで明るい雰囲気を保つことを忘れない。きっととても疲れているのだろうに。
 僕は福祉園の廊下で職員の皆さんと挨拶するとき、声を交わすとき、ひとりひとりが揺らめく「ヒトダマ」に見えるような気がする。他者の幸せを願い行動する人の魂。人間の奥深くに燃えている霊性。肉体を透過して宇宙に灯る、親愛なる仲間たちのヒカリがモチーフです。



1990mm x 480mm x 55mm  ceramics on wood panel.(個人蔵)
吉田晴弥
 

2018年6月20日水曜日

本を陶芸で焼く。

”銅の書”
"The book of copper" 
青の時代に区切りをつけ、表現をリセットしたのでしばらく手をつけていなかった立体作品を久しぶりに制作。
釉薬に意味の象徴やストーリーを暗示させるには古い本の形態はとても相応しい。目の前のページが瓦解崩壊して、流氷の下に海の真相である生々しい海水が生命を持って動き出すような。
固まってしまった知の真相を柔らかく感得したい。
350mm x 225mm x 55mm ceramics 2018

ガレリアグラフィカの小品展に参加しています。

galleria grafica Tokio "Small works 2018"
June 18th - 30th.



2018年6月18日月曜日

血と感情の躍動を陶芸で。

title "Dance!"
The body dances because your blood and the heart is dancing.
My blood and heart dance like this.
Emotional composition.




1300mm x 460mm x 50mm
ceramics on wood panel.2018